ヘルプ(応用編) / 独自ドメインを使う  

企業ホームページやメールアドレスには独自ドメインを


【ドメインとは】

インターネット上の住所のようなものです。ホームページアドレスとメールアドレスの一部で使います。世界中で同じものは存在しません。

例) 下線部がドメインです。
     ホームページアドレス  http://www.△△△.jp
     メールアドレス       xxxxx@△△△.jp


【企業のホームページには独自ドメインを】
ポケカンのホームページアドレスは
     http://○□△.pokecan.net
です。
「○□△」部分は初回ログイン時に決めていただけますが、ドメインが「pokecan.net」なのでpokecanに間借りしてホームページを開いている印象になってしまいます。

個人用ホームページであればこのままでも良いのですが、企業としてホームページを開く場合は、実際の事務所を開のと同様に、自社の住所(独自ドメイン)をホームページアドレスに付けます。
信用度や知名度向上には必要不可欠です。


【企業のメールアドレスにも独自ドメインを】
お問い合わせ等に使うメールアドレスにも、通常はホームページアドレスと同じドメインを用います。
ホームページで名乗っている住所(ドメイン)とメール発信元の住所(ドメイン)は同じであることが自然です。

例)  ホームページアドレス  http://○□△.pokecan.net  →  http://www..jp    
     メールアドレス       xxxxx@△△△.jp